2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月
--.--.--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2008.12.28(Sun)

12/27(土)JACK IN THE BOX 2008@日本武道館

1階東。東と言っても北東との境。
スクリーンは一切見ておりませぬ。ボーカルがぎりぎりで見える位置。が、花道目の前。こっちに来てくれれば儲け物。
セットリストは特設サイトにありますので、完全に感想文です。しかも記憶はL’の人々に大幅に偏ります。
MC等、長丁場・大興奮のためニュアンス&妄想、多々ありますが、ご容赦ください。

【More・・・】




◆Session-A
Vocal:Anis(MONORAL)
Guitar:ants(acid android)
Guitar:Kishi(acid android)
Guitar:tomo(acid android)
Bass:愁(ギルガメッシュ)
Drums:yukihiro(acid android)
Drums:YASUO(acid android)

15時きっかりスタート。オープニングアクト的。
ステージ前方に金網みたいなのを置いて、ちょっと異質な空間。柵の中で荒々しく演奏する荒くれ者たち。
これは突然始まってメンバー紹介のVTRみたいなのはなかったのかな?(なんせスクリーンが見えないのでわからない)
2ドラムだったわけですが、片方が金髪。でも昨日のゆっきーよりは髪が短いので、暗闇の中混乱。
誰!誰!とか思ってましたが、あの肩でリズムとる姿を見て、ゆっきーと確信し、キタ━(゜∀゜)━状態←
歌ってるのはアニスさんとすぐ気付く。3曲目あたりから赤メガホンで歌っておりました。
ラストの曲終わり、我らがゆきひろ様はスティックを叩きつける→スティックは弧を描く→そのままはける→かっこいい。

◆girugamesh
メンバーの動きがなんだか可愛らしい。愛すべきバンドだと思う。
昨年のセッション以来、弐くんが大好きです。今日は好き勝手暴れられてよかったね。去年のセッションの直立弐くんが思い出されます。←

◆Session-B
MC「武道館の皆さん、こんばんは!ゾロガムックです!」に妙にツボる。
ゾロのたつひさんの薄さに感動する。折れちゃう。ミヤくんが凄く先輩っぽかった←
GLAMOROUS SKYの話を相方さんとしているところに、この選曲だったので驚く。

◆ゾロ
ベースを持って走り回り、可愛く手を振るたつひさんが折れそうで心配だった(余計なお世話)

◆Session-C
転換時、ウッドベースが出てきたので、ゆっけゆっけ!と一人でテンション上がる。
マオくんメンバー紹介「ギターはその人です。ボーカルは眼鏡です。」

◆Session-D
その面子でLink歌うんですかー!笑
jealkbのお世話を焼いてあげている、たつろーさんのお誘いで実現したそうです。相方さんがjealkbファンで、C→Dの転換時に話していたらここで登場したので驚く。
たつろーさん「こうやってね、ラルクさんの歌を歌わせてもらってね。」

◆SID
比較的早い段階でのSID登場に若干驚く。
マオくんMC中にゆうやさんがカメラで遊ぶ→会場沸く→マオさん「あ、ゆうや?」
喋ろうとすると歓声が沸くので、「もう話はなしね!」「えー!」…全く客とはわがままな生き物である笑
「恒例のSIDのこと知ってる人―?」とかブログ用の写真撮ったりとか。マネージャー人気。
ステージ後はスクリーンで2℃目の彼女のPV放映とかされてたみたい。

◆Ken
1.Rock And Roll
2.Speed
3.Deeper
4.白い花

仕込み中、スタッフさんがモニター前に妙にでかいカンペを貼る。次はけんちゃんが出るのではないかと思う(失礼)
1曲目は花道を歩きまわる。上手では後ろ向きにお客さんによりかかる。助けようとコメットさんが苦笑しながら袖から出てくる。大丈夫よ!って感じに笑うけん様。らぶ。
ステージ中央に戻るとドラムセット前で後ろむいて煙草すぱすぱ。
着ていたジャケットを脱ぐ。半袖けん様。指の部分を覆う…グローブ?色気むんむん。というか、席撒きパンフの「Ken始動」の写真がまずすぎる。素敵!(Kenオフィの新しい写真の全体像が配してあるのです。)
Speed後MC。
「出演者…(もごもご聴こえず)…。jealkb出た時、皆盛り上がってるから、ちょっとジェラシー。
出演者がこんだけ多いと、うんこ待ちが長くて。皆もしてるんやろ?やっと皆の気持ちがわかりました。
そういえば後ろにも人いるんだっけ?忘れてた。
今、レコーディングしてるんだけど、その中から聴いてください、Deeper」
もっと喋ってたきがする。…トイレ待ちの話だけなんて!!!←
MC中からスモークもくもく。Deeperへ。淡い青いライト。結構変調する曲だった?右手はマイクスタンドへ。左手は妙にふらふら振っていた気が。水飲みながら。
秦野さん以外のバンドメンバーがはけて、白い花へ。赤いライトの中、歌うけん様。
「白い花を添えてください 別れの言葉に。いつかあなたが好きと言ってたアネモネの花を…」
松山千春さんのカバー。どうしてこうも哀愁漂う歌が似合うのか…。
歌い終わるとキーボードの音だけ残してすぐにはけていくけん様。全てがスマート。
その後スクリーンに告知。告知関係もすべて公式にでているので今は割愛。

◆Session-E
vocal:hyde(L’Arc~en~Ciel)
Guitar:ミヤ(ムック)
Bass:明希(シド)
Drums:ピエール中野(凛として時雨)
Key:秦野猛行

1.Sweetness
2.All Dead

hydeさんが発表された時の声といったらそりゃあもう凄かったです。
hydeさんは豹柄のロングコートにサングラス。っていうか、特設サイトの集合写真、胸が気になるんですが(←)髪の毛はやっぱり明るめ。
赤いギターを持って、花道の方に出てくることはありませんでした。というわけで横顔しかみれてません。
…いや、けんちゃんは身長があったので、私のところからでも上手いこと上半身を見ることができたんですが…hydeさんは本当に顔しか…もごもご。
Sweetness後MC
「楽しんでますか?(他にもこういう系統の投げかけを2,3…)
飲みの席で明希の好きなようにやっていいよっていったら、こんなバンドになりました。
次で最後の曲なんだけど。…3年前から明希がやりたいってずっと言ってた曲をやります。秦野さん、お願いします」→All Dead
結構、明希様やミヤくんの顔伺ってたりしたかも。はける時は明希様、ミヤくんとハグして。
下手袖でゆっきーがずっと見てました。

◆BUG
うーん、お目当てじゃなくてももうちょっと盛り上がってみてもいいんじゃないかな、なんて偉そうにも思ってみました。アリーナ最前列がぽっかり開いてしまうのは、なんだか切ないです。長丁場なのでしょうがないことかもですが。
素敵な曲ばかり!各メンバー花道にも何度も来てくださって、楽しかったです。
この時もゆっきーは袖で見てました。

◆ムック
武道館の空気もアーティストによってがらりと変わりますが、その点においてはやはりムックがピカ1かもと思ったり。
アゲハではけん様乱入。これは自分の中で「絶対やるだろう!」と思っていたので嬉しかったり。
アゲハのイントロのギターのところ、最初の1フレーズは暗転の中、ミヤくんにピンスポ。次のフレーズでけん様にピンスポ。ここでけん様乱入を皆知るって手順だったと思うのですが、私、実はファズの最中からずっと気づいていましたw
ムックだとどうしてもゆっけを見つめてしまう私。しかも今日の位置だとゆっけ越しに袖に演奏を見に来てるゆっきーがちょうど視界に。(ゆっきーはムックさんも見ていました)
その黄金の一直線を崩すギターのシルエット。誰よー、なんて思っていたのですが、よく見てみるとけん様。あ!次の曲乱入するんだな!と気づいたわけです。待ってる間のけんちゃんはかなりしっかりとムックさんのステージを見守っておられました。
曲中は下手花道にいることが多かったかな?けん様のギター姿を見れただけでお腹一杯でした。

◆Shinji(シド)
…最初、↑の名前、ギター侍になっていたのに却下されたのでしょうか…。
とりあえず面白すぎました。来年はセッション誘われるといいね!笑

◆tetsu
1.Fresh(仮)
2.REVERSE
3.Can’t stop believing
4.Lonely Girl

きらきらアイドル!(←)てっちゃんの番だと分かった瞬間、ピンクのサイリュ―ムがいっせいに広がり綺麗でした。
イントロ始まってもなかなか出てこないてっちゃん。歌が始まるのと同時に、バナナ水鉄砲を片手に跳び出てきました。
格好は赤のスキニーに赤と青のスカート、袖なしのシャツにグレーに赤の斑があるベスト?頭は右サイドに赤が編みこまれて、髪の毛は結構立ってた、か、な?
Freshはサビで♪たん、たん、たん♪という拍のところがあるのですが(分かり難い)、その時、てっちゃんが必ず左右に首を傾げてて本当にかわゆでした。花道も走り回ってくれたので!てっちゃんの笑顔は本当に幸せになれますね!
曲が終わると、ドラムセットの前に置いてあるタオルでしっかり顔拭き。水飲み。
REVERSEはしっとりと♪今日のてっちゃんはかなり喉の調子がよかったように伺えます。歌詞に「君」と出てくると、アリーナ席のどこかしらを指差ししてました。あと、音が上がるとことは手も一緒に大きく振ってましたね。
Can’t~も花道に出てきてくれましたね~。「眠れない夜は 星空見上げて」のあたりのエコー部分を客席にマイク向けてました。この時もにっこにこ。サビ前にはくるりんと一回転。
うーん、あとギターの方の前に屈んだりもしてましたよね?(物陰でよく見えず)それに、違う曲の時は腰抱いたりもしてたと思います。
MCはどこだったかな…?Can’tの後…?前…?
「こんばんはー!tetsuです!楽しんでる?
ステージに立つのは2年ぶり。このメンバーとやるのも2年ぶり。
今日は短い時間だけど楽しんで行ってね!」的な。
Lonely Girlは長いこと歌われてますよね…?クリスマスの歌?銀テが出たのはこの曲かしら?それとも一個前?
最後はバンドメンバーに向かって水鉄砲発射したりしてにこやか。じゃんっ!でジャンプしたかと思ったらそのままお尻ついてもいましたねー。
とりあえず、きらきらなてっちゃんであったことは間違えないです。

◆Session-F
Vocal.tetsu
Vocal.T.M.Revolution 西川貴教
Guitar.INORAN(LUNA SEA)
Guitar.雅-miyavi-
Bass.SHUSE(ex.L’acryma Christi)
Drums.白鳥雪之丞(氣志團)
Key&Mani.中尾昌文

1.WHITE BREATH
2.READY STEADY GO

このセッションの時も歓声が凄かった。レボレボは野郎限定があることも知っていたので、絶対にないと思っていたし。
てっちゃんはグレーのベストを赤チェックの燕尾に着替えて。二人でWHITE BREATH。皆やたらと花道来てくれる。やったー!
この後のMCがクロストーク多すぎ&脈絡なく長いというレポ泣かせでした。単語でしか覚えてないので、ニュアンスで。そして順番もめちゃめちゃです。
・ピンクすぎ
tetsu「今日は二人ピンクでね」
西川「それピンクなん?」
tetsu「ピンクピンク!そっちはピンクすぎ!それ衣装なん?」
西川「こまかにショッキングピンクを」
・駆けつけた
tetsu「今日はね、ライブがあったのにその後、駆けつけてくれて」
西川「そうそう!今日は男限定のをやってまして。こっちは女の子いっぱい!それも可愛い!可愛い!」
(そんな話をずっとしてる。そんな中、てっちゃんは雪之丞さんのところに行ってなにやら話してる)
西川「ちょっと、あなた!あなたが主導で喋ってくれないと!僕アウェイなんだから!」
(てっちゃんあんまりちゃんと聞いてない)
tetsu「だって(雪之丞さんが)イヤモニつけとらん。…あ、今取ったん?」
(雪之丞さんはそう言ったものの、多分BUGのあたりからずっとドラムの方のイヤモニが不調だったような雰囲気は出てました。てっちゃんはそれを気にしてたのかな?)
西川「あなたが喋らないとね」
tetsu「喋りすぎだよね」
西川「え?俺?」
tetsu「俺たち」
西川「あー、俺、一人で喋りすぎっていわれたのかと思ってびっくりした。本当にすみませんねー。」
・クリスマス
tetsu「クリスマスも(レボレボと)一緒にいた」
西川「そうね」
tetsu「っていうか、ここの皆と一緒にいた!」
西川「リハしてたんですよ」
tetsu「まぁ、このメンバーでいれるというのも光栄なことですね」
・雅
(袖でコメットさんがMCをまくように言ってる)
雅「あの…」
西川「(雅に向かって)お前いつになったら話に入ってくるんだよ」
雅「いや、本当はレボレボさんとtetsuさんが話してるところに、俺が入っていくって決めてたんですけど、入っていかなかったらいつまで話すのかなと思って」
・立ち位置
西川「お前(雅)、そっちにいたっけ…っていうか、リハのときと(INORANさんと雅の)立ち位置反対じゃない!」
tetsu「そういえば!」
西川「まぁ、こっちのほうがしっくりくるからいいけど」
・INORAN
(なんだか忘れてしまったけれど、INORANさんが喋る)
西川「長い付き合いだけど、ステージで喋ってるところ初めてみた!」
・MAVERICK
西川「これからもMAVERICKをどうぞよろしくお願いいたします。」
・雅2
(まきがでてるのに喋る続ける二人。雅を遊んでる。「次のバンドのべーシストは…」とか言ってたと思う)
雅「(何かを叫ぶ)(←肝心なところがわからない)」
西川「やっと入ってきた笑。じゃあ次の曲にいきますか。カラオケでね、二人で歌った曲です。」

…本当にここのMC覚えてない。上記はほとんど妄想です。すみません。
RSGはてっちゃんのハモリが聞けて嬉しい!ただ、てっちゃん1番の時に2番の歌詞歌ったりしてた気がする!「あてにならない地図」が「あの丘の向こうで」になっちゃってたー。

◆44MAGNUM
社長がBassさんの代役に。ここももうちょっと盛り上がってもよかったかも。
kyoさんが袖でずーっと飛び跳ねてた。ゆっきーも袖にいた。途中誰かと話してた。けんちゃんくらいの背の人と。

◆Session-G
Vocal.PAUL(44MAGUNUM)
Vocal.kyo(BUG)
Vocal.hyde(L’Arc~en~Ciel)
Vocal.達瑯(ムック)
Vocal.マオ(シド)
Guitar.ミヤ(ムック)
Bass.明希(シド)
Drums.SATOち(ムック)

1.MAVERICK DC SUPER MEDLEY 2008

kyoさん→hydeさん→たつろーさん→マオくん→PAULさんの順にマイクを取り、一個前の人の歌を歌うというメドレー。
残念ながらhydeさんの歌った曲は存じず。DIE IN CRIESの歌だとか?たつろーさんはラルクの浸食を歌われました。
hydeさんは自分の番じゃないときは花道のモニターにちょこんと乗って、左右に揺れてるんですねーかわゆ。シドの曲の時とかは、客見て一緒に手振りやったり、そのままプリガみたいな小躍りしたりでした。

◆MAVERICK DC SUPER ALL ATARS
前のセッションのメンバーはそのままステージに残ってたのですが、hydeさんがおもむろに上手花道に。前髪を手で掻き分けて、ちょっと屈みながらひたすらに床を見てるんですね。何か落としたのかな?
ほんとうに、端から端まで言ったりきたり。結局諦めたみたいなのですが…なに落としたのか本当に気になります。最前列の方には何か聞いたりしていたみたい?「ここ?」みたいなジェスチャーなどしてました。
ステージ中央に戻るとミヤ君やkyoさんとお話。
最後はメンバー総出演。といいつつてっちゃんはやはり出てこず。
けんちゃんはムックのグッズTシャツBAG TO THE FUTURE TEAを着用。最初はカメラ持っていたのですが、いつのまにかそれをは明希さまの手の中に。けんちゃんはギターを弾いていました。
ギター弾いてたのでドラムセット前からほとんど動かず。先輩やらとお話ししてました。このBAG TO組のゆっけやゆうやくんは本当に可愛かったです。本当にリュック背負って遠足行きそう笑
ゆっけはたつろーさんの肩とんとんって叩いても無視されたり、手ではらわれてりしてるし。ゆうやさんはボールの入った籠で鰌掬いみたいなことしてるし。愛すべき二人組みです。
ゆきひろさんもゆっくりと上手花道まで歩いてきてくれました。PAULさんがいらしたので、PAULさんの真似して客を煽ってみたりして。そのまま二人で肩組んでステージ中央に戻っていかれました。
hydeさんは自分から人の輪に突っ込んでいく人ではないですよね。そして凄く腰が低い。PAULさんやkyoさんにはひたすらぺこぺこしてた印象。最後のセッションも花道モニター上にほとんどいた気がします。そのおかげで後姿を長い時間拝めました。
おもむろにコートのポケットを漁って携帯を取り出したかと思うと、たまたま後ろを歩いていたマオくんに向けて写真を撮ってみたり(マオくんよかったね!)。あまり人とは絡まずって感じだったでしょうか?
そんなhydeさんにアニスさんが寄ってきて。2つ持っていたボールのうちの一つをhydeさんに渡す。蹴ってアリーナにボールを放るhydeさん。その後、同じようにしてアニスさんもボール蹴ってました。真似っ子!
ステージ中央に戻ったゆきひろさんはそのまま袖の方まで来て北ブロックに向かってボール投げてあげていました。
とりあえず、わちゃわちゃしてるエンディングでした。もう今はこれで限界。思い出せない…。
ボールは自分のところに落ちてきたものを取るべきだと思います!ハイタッチするために席を離れるのはどうかと思います!

転換時間、たまにCMが流れることがあったのですが、ラルク関係のものが流れるときの歓声凄し。
最後の方は皆さん熱唱してらっしゃいましたねー。
てっちゃんのサイリューム具合を見ても思いましたが、やはりラルクファンが大半を占めていたイベントだったのかなぁ。まぁ、他のバンドとの兼ファンの方もたくさんいらっしゃると思いますが!


とりあえず、一度寝て、もう一回纏めなおします。これじゃ長すぎる!!笑


拍手、ありがとうございます!
04:41  |  ライヴ  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

>せいらさん
会場内で携帯するのが好きでなかったり、席立つのが面倒だったりで
帰宅してからいっきに仕上げたもののため、記憶の乱れはかなりあると思いますが
少しでも楽しんでいただけたのならよかったですw

hydeさんのはぺこぺこって言うと少し語弊があったかもです…!
先輩方に話しかけられて、もっと歌えと促され「恐縮です~」的な?(完全妄想ですが)
hydeさん特有の、上目遣いで首を前に出す感じのお辞儀とでもいいましょうか…。あの動きです!
なので、全く切ない感じはなしですので、ご安心ください!笑
碧海 | 2008年12月29日(月) 01:17 | URL | コメント編集

お疲れさまでした。ありがとうございます。
素晴らしい記憶力です!!!
とてもまね出来ないなと感心いたしました。
そっか~、hydeさんはぺこぺこしてたんだ。ヽ(.:≧ω≦:.)ノププププッかわいいかも。。。
いや、切ないほど頭下げてたわけじゃないのよね・・・?
って違う意味で心配が。。(笑)
せいら | 2008年12月28日(日) 08:57 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://azuremarine.blog103.fc2.com/tb.php/434-6c2ca187
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。